頭皮マッサージの有効活用術

21.01.13 / 頭皮ケア / Author:

頭皮ケアの一つとして、やはり頭皮マッサージはとても有効な手段です。
朝起きた時に少し頭皮を動かしてあげたり、頭のツボを刺激してあげることで、とても目が冴えたりもします。
「頭皮のマッサージって言ってもどうせ、抜け毛とかくらいにしか効果は無いのでしょう?」とも思いがちですが実際そんなことはありません。
”頭皮といっても顔や身体全てに繋がる一枚の皮膚です。
そして頭を刺激することによって、滞りがちな上半身の血行が促され肩こりの改善や眼性疲労、及びに自律神経を整える等の効果があります。
他にも、やり方次第によっては、顔のたるみやなどの改善にも繋がってきます。

頭には沢山のツボがあり、どこを押していいのかわからない方は、まず首の間のくぼみの”盆の窪”と呼ばれる部位を刺激をしてみましょう。
絶対に指先は使用してはいけません。指の腹で均一な力で押すことが大事です。
力の入れ具合は痛いと思うほど入れすぎない方が好ましいです。気持ちがいい程度で大丈夫です。
基本的に「揉みほぐすこと」を重点的に考え前頭葉側でしたら、皮を後頭部にもっていくようなことを心がけます。所用時間としては1分程度でも充分に効果的です。
どのくらい行えばいいのかという頻度ですが、これは別に一日に何度行っても問題はありません。けれど、やがり効果的なのは血行の良くなっている時。入浴の際の洗髪中などに行うことによって効果が更に高くなります。
実際にデスクワークの仕事中のストレス解消などにも実践されてるサラリーマンの方もいるそうですが、肩こりが少しよくなり目が疲れにくくなったという例もあげられています。
確かに、頭皮を刺激した後、特に寝起きの頭皮マッサージは気持ちが良く目が冴えていく感覚がします。
なかなか寝起きが悪い時めんどくさくても、是非手を頭に伸ばしてみてください。とても目覚めがよくなり、晴れやかな気分にもなります。
私も何かイライラしたとき、PCでの作業が多く目が疲れた時は「頭を揉む・頭皮を動かすこと」を意識するようになりました。
あなどれません、頭皮マッサージ。是非おためしください。

Comments: 0

Leave a Reply

« | »