同じ「プラセンタ」の違い

06.03.13 / プラセンタ / Author:

以前、このブログでプラセンタの話をしました。

しかし、「プラセンタ」と一言で言っても様々な種類があることをご存知でしたか?

プラセンタの価格に商品ごとに違いがあるのは、プラセンタの種類であると言ってしまってもいいでしょう。

 

まず、一番安価なものはアクアプラセンタと呼ばれているもの。

これは魚から採取されたもので、実はプラセンタではありません。プラセンタはもともと哺乳類から採取した胎盤を利用したもののことで、魚のプラセンタには哺乳類のプラセンタに含まれている重要な成分が含まれていません。

だからといって肌に悪い、全く意味がないというわけではありませんが、巷で言われるプラセンタの効果を期待しているならアクアプラセンタでは得られないと断言できます。

 

哺乳類のプラセンタの中で一番安価なプラセンタは豚のプラセンタです。特に健康チェックなどをされておらず、抗生物質など薬の投与に関しても厳密に禁止されずに育てられた豚のプラセンタが一番安価で、特に動物名などが記載されていない場合こういった豚のプラセンタであることがほとんどです。

検査されている豚のプラセンタの場合、SPF豚のプラセンタと明記されています。

 

更にその上を行くと、馬、羊などのプラセンタがスキンケアアイテムやサプリメントに使用されています。一番高級なプラセンタは羊のプラセンタで、とても人間の体になじみやすく恩恵が大きいのだそうです。

 

プラセンタは継続が第一ですので、手に入れやすいプラセンタの中で一番いいものを選ぶという風に考えて選ぶと選びやすいのではないでしょうか。

Comments: 0

Leave a Reply

« | »