正しいケアで使用期限まで使えるソフトコンタクト

11.05.13 / コンタクトレンズ / Author:

ソフトコンタクトというものも、やはり使用期限がつきもの。ものによっては異なってきてはしまいますが、およそ1週間・2週間・1カ月・1年など使用の期限があるかとは思います。

しかし、ケアを怠ってしまうと劣化が進んでしまったり汚れが蓄積しまうことによって「使用期限まで使用が出来なかった!」という事もあるのではないでしょうか?
実際私自身もコンタクト使用者ではありますが、初心者の時期には劣化を早め期限以内に使用不可になってしまった…なんていうこともあります。
そこでやはり重要になってくるものは、正しいソフトコンタクトレンズのお手入れ方法にもなってくるのではないでしょうか?

まず、重要視されることといえば消毒・洗浄・すすぎなどのケアにもなってきますね。
また、レンズを装着したり洗浄する上で最も気を遣わなくてはいけないことといえば爪のことにもなります。爪が長く尖っていたり表面がザラザラとしている状態ですと洗浄の際にレンズを傷つけてしまうだけではなく破損などの要因にも繋がってしまいます。
ですので、爪は短く角を丸くしておくことが理想的ではないでしょうか。
となると、ラウンドが最も理想的にはなりますが、スクエアオフなど角を丸くしたような爪に心がける必要がありますね。また、洗浄の際自分の手が汚れてしまっていたら洗浄の意味が全くありません。これはソフトコンタクトレンズに限ったことではありませんが、自分の手が汚れていれば汚れの蓄積が進行する一方になってしまいます。
ですので、コンタクトレンズに触れる際にはしっかりと手を洗うなど手指の洗浄や消毒が必須事項にもなってきますね。
また濃いアイメイクなどもレンズを汚す原因にもなってしまうようです。使用中は極力きついアイメイクを控える他にも、外した後はしっかりとした洗浄の重要性が見えてくるのではないでしょうか?

Comments: 0

« | »