ハーフ顔を作る注意事項

08.09.13 / コンタクトレンズ / Author:

ハーフ顔というと子供の頃は高い鼻のせいで「鼻が大きい」と笑われたり変なあだ名を付けられたり、コンプレックスだったという人も多いでしょう。

けれど10代後半から20代となるとそういった方、何故かモテモテになったりしますよね? 日本人というと、鼻は低め目は細めな方が多いですが、ハーフ顔というとその逆。
是非、自分の顔をもっと生かし素敵な女性になってみませんか?

そんなハーフ顔の方には、是非カラーコンタクトレンズを使って更に外人さん顔になってみるのも良いかもしれません。
やはり瞳の印象が変わると、女性はとても大きく変化します。
ハーフ顔を生かせるレンズカラーというとやはり、ブラウンやヘーゼルナッツといった色合いがベストのようです。
元々瞳の色素が薄いという方は思い切って明るい色合いのものを選んでみるとより澄んだ印象となります。
また、グリーンやグレーといった色合いもとてもなじみやすいので使用しやすいのではないかと思えます。
けれど、グレーカラコンには気をつけるべきことがあります。
これは確かにミステリアスな雰囲気のあるハーフ顔の演出に便利なカラーですがアイメイクを気をつけないと、少しケバい雰囲気の強いスモーキーアイになってしまいます。
洋楽ロックスターのようなそういった雰囲気を求める方には良いかもしれませんが、ナチュラル思考の方には向かないものなので注意も必要となります。
更にいってしまうと、最近のレンズというとデカ目盛り目のレンズが多い故に、一歩間違えるとケバイ雰囲気を作りやすくなってしまいます。出来れば自然な雰囲気を理想としたいので、フチナシのものを選んだ方が良いとも言えるのではないでしょうか。

Comments: 0

« | »