書くという節約術

08.02.14 / お金 / Author:

自分自身、主婦4年生の身ですが……実は私もの凄い家計のやりくりがヘタな方です。

恥ずかしながら、食費が足りなくて毎月月末に夫へ請求をすれば、『もうないの?!』とよく怒られる事があります。
一応計算はしているものの、外食が多い月などはどうしても足りなくなってしまうものですよね。しかし最近私自信実践をしてみてこれは効果アリ! と思えた節約術がありました。それが「書く」という方法です。
所謂超古典的ではありますが、家計簿という手段ですね。
やはりこれをつけるとつけないとでは全く違うものです。
何故かというと”何時に何を何の目的で購入をした”のか、この事実が丸わかりになるので嫌でもムダな買い物が出来なくなるのです。
おかげさまで、この2カ月私は月末に夫から怒られる事が無くなりました。

家計簿は別に帳面でもPCを持っている方ならばエクセルファイルで作成するでもどちらでもかまわないと思えます。ただ、まだ今年も2月と始まったばかりなので書店などに行けば可愛らしいデザインかつ機能的な家計簿は販売されているのでそのようなものを使用するのが好ましいのではないのかと思えます。
けどそれを購入するのも勿体ない! と、思うようでしたらエクセルの練習にもなりますので表やテンプレートを作成してみる事も良いでしょう。
最近の事務系の転職などではエクセルが使える事が必須という所も多いので、使えるようになるのには超した事はないと思います。覚えておいて損は無い知識でしょう。

また、食費の節約方法としては絶対に空腹時には買い物に行かないこと(満腹すぎて必要以上のものを購入出来なくなる)・2~3日分を纏めて購入をすることが移動手段の車のガス代の節約にもなるのでベストだと思えますよ!

Comments: 0

« | »